アンチエイジングを若いときからしてもいい?

昔は「お肌の曲がり角は25歳」なんていわれていましたが、今では10代後半からなんて言う人もいるようですから、若いうちから美容に関心を持っている方は多いことでしょう。

でも、お金のない若いうちにアンチエイジングに興味を持ったら、大変かもしれません。

また、10代の肌はまだトラブルも少ないでしょうから、何らかの理由でダメージ肌ならともかく、高価なアンチエイジング化粧品を使用しても効果がないこともあると思います。

ですから若いうちは、普通のお手入れを入念に行い、アンチエイジング用の化粧品に頼る必要はないのではないでしょうか。

【洗顔】

顔のお肌の手入れの基本です。

1.洗顔料をよく泡立て、その泡で顔を包み込むような感じで洗います。(洗い過ぎないように気をつけましょう。)

2.ぬるま湯で泡が残らないようにしっかりすすぎます。

3.顔を拭くときは、タオルを押さえつけるようにして拭きましょう。

4.洗顔の後は化粧水をたっぷりつけましょう。

5.乳液もつけて保湿も怠らないようにしてくださいね。

朝出かける時はUV化粧品をつけて日焼けを防止するのも忘れないようにしてくださいね。

また、睡眠も充分にとるなど、規則的な生活が肌を生き生きさせます。

若いうちはアンチエイジング用品のような高価な化粧品などに頼らなくても、「きちんとした洗顔」、「UVケア」、「規則正しい生活」などで十分乗り切ることができますよ。

posted by リッチー at 23:12 | アンチエイジングの基本的なこと

アンチエイジングの基本的なこと

アンチエイジングにとっての基本は、栄養が全身にいきわたり健康でいることではないでしょうか。

不健康な身体じゃどんなにキレイに着飾ったとしても、若さは全く感じられないですよね。

では、身体のどの部分が老化したら気になると感じるのでしょうか?

白髪?肌にシワ?歯が弱くなってきた?たるみ?

アンチエイジング用の化粧品やサプリメントをそれぞれの老化現象を解消する為に使っていたら手間もお金もかかります。

それでは、どうすれば老化を予防するためのアンチエイジングができると思いますか?

一番は、「血液の老化を防ぐ」ことです。

血液が老化すると循環が悪くなり、肌や髪の毛などの老化現象が現れたり、肩や腰などのコリ、痛みやむくみ、しびれなどの症状もでてくるんですよ。

血液の老化防止して血液循環を良くするために以下の方法をおすすめします。

・サプリメントに頼らず食べ物からカルシウムを摂取するようにしましょう。
・温かい飲み物、食べ物を摂取するようにするのが良いです。
・自律神経のバランスなどを整えるために爪をマッサージしましょう。
・オイルマッサージなどをする。
・腎臓を温めます。(身体を冷やさないようにする。)

posted by リッチー at 16:04 | アンチエイジングの基本的なこと
美肌づくり
肌の悩み・対処法
アンチエイジング
スキンケア
エステ・スパ
美しい姿勢・歩き方
ヨガ・ピラティス
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。